夜泣きは腹筋のトレーニング

こんにちは!

Meetトレーナーの佐光です。

今回は赤ちゃんの夜泣きについてです。

お母さんなら経験ありだと思います。

赤ちゃんによってはアンパンマンをみせたり

おもちゃを与えれば、すぐ泣き止む。

何かしらありますよね。

しかし赤ちゃんが大声で泣くことには

身体的に大きな意味があります。

それは腹筋のコントロールです。

大きくなって「お腹から声をだせ!!」

よくいわれますよね。

走っているときカラダがエビ反りになる。

なぜ難しいか。

お腹の力がないからです。

(力はあってもコントロールできない)

赤ちゃんの頃に腹筋のコントロールを

十分にできていないため

成長して大きな外力を受けたときに

とても耐えられません。

なので幼少期に泣き始めても

場合によっては自然に泣き止むまで待つ

これも大切です。

小学生くらいまでであれば

すぐに再学習させることができます。

方法は簡単。

仰向けでお腹を凹ませながら大声を出す。

これだけで、インナーが大きく活動して

使える腹筋が出来上がります。

この時代、大声を出す機会が大幅に減っています。

今一度、子供の動きに着目してみてください。


フィットネス&ヨガ教室 Meet

広島市安芸区船越南 ヨガ ピラティス フィットネス スタジオ ジム